吉本興業の芸人の序列【ランク】がスゴい!驚きの結果に!

 

こんにちは、ちろです。^^

 

 

宮迫さんや田村亮さんらの闇営業問題からの吉本興業騒動は、

どんどん火が大きくなっていっていますよね。

 

 

松本人志さんが登場したり、

極楽とんぼの加藤浩次さんが登場してきたり、

なんだか次々にリングに新しい選手が入ってくるプロレスのようです。^^;

 

 

でもここまで芸人さんたちが怒っているということは、

ずっと吉本興業に対して不満があったんでしょうね。

 

だけど上には言えなかったことが、

今回の事件をきっかけに爆発したという感じなんだと思います。

 

 

やっぱり、一般人でも芸能人でも、組織の中にいれば必ず不満は出てくるものですね。

 

 

で、今回の事件は芸人さんたちの母体である吉本興業の騒動ですので、

多くの芸人さんたちが声を上げ、行動を取ったりしていますよね。

 

 

そこで、芸人さんたちの序列(ランク)って一体どうなってるんだろう?

と気になりましたので、調べてみました!

 

お笑い芸人を世代別にまとめてみた!

 

まずは所属事務所は関係なく、代表的お笑い芸人を世代別にまとめてみました。

 

 

お笑い第1世代

 

○萩本欽一(コント55号)

○志村けん、加藤茶など、ドリフターズメンバー

 

 

こう言われてみれば「ああ、確かに!」と納得してしまうんじゃないでしょうか?

欽ちゃんやドリフターズは、日本のお笑いを作った人たちですもんね。

テレビのお笑いはここから始まったと言っても過言ではないと思います。

 

 

でも、欽ちゃんも志村けんさんも、未だ現役でバリバリ活躍されてますね。

 

欽ちゃんは現在78歳、志村けんさんは69歳、加藤茶さんは76歳です。

年齢の差はありますが、活躍していた時期は同じということ。

 

このバイタリティは見習いたいです。^^

 

 

お笑い第2世代

お笑い第2世代は、1970年代にデビューした芸人さんたちのことを指します。

 

○ビートたけし(ツービート)

○間寛平

○今いくよ・くるよ

○笑福亭鶴瓶

○片岡鶴太郎

○明石家さんま

○島田紳助

○オール阪神・巨人

○関根勤

○タモリ

○大平サブロー・シロー

○所ジョージ
○小堺一機
○高田純次
○村上ショージ
○柳沢慎吾

 

 

このあたりのメンバーがお笑い第2世代と言われています。

 

柳沢慎吾さんもこの世代なんですね!

芸人というか、コメディアンタレントって感じですが、

デビューしたのが1978年ですので、この世代に入っています。

年齢はまだまだ若い57歳ですけどね。^^

 

とはいえ、ビートたけしさんやタモリさんなど、他の錚々たるメンバーとはさすがにランクの差はあるとは思いますが。^^;

 

 

ちなみに、ビートたけしさん、タモリさん、明石家さんまさんの3人は、お笑いBIG3と称されています。

 

 

でも、島田紳助さんが入っていないのはやはり変ですよね。

島田紳助さんは昔、自身の番組の中で、

「明石家さんまが同期でイケメンやったから、俺は不良路線を進んだ」

ということを言っていました。

 

 

なので、BIG3は確かにBIGですが、そこに入らないだけでBIGな芸人さんはもっといるということでしょう。

 

 

お笑い第3世代

お笑い第3世代は、1980年代にデビューした芸人さんたちのことを指します。

 

○ダウンタウン

○とんねるず

○ウッチャンナンチャン

 

 

「確かに!」と納得の世代ですよね。

 

とんねるずは「おかげでした」が終了しましたが、

でもやはりまだまだ影響力は強いと思いますし、

ダウンタウンやウッチャンナンチャンは言わずもがなですよね。

 

 

そして、以上が80年代前半〜中盤にデビューした世代ですが、

中盤以降にデビューした芸人さんたちもいます。

 

80年代後半デビューの第3世代です↓

 

○爆笑問題

○さまぁ〜ず

○今田耕司

○東野幸治

○出川哲朗

 

 

今では皆さん大活躍されていますけど、

確かに前半の3グループと比べると影響力は下がるなっていうのはなんとなく分かります。

 

 

ちなみに出川哲朗さんとウッチャンナンチャンは同じ1985年デビューなので、

だからウッチャンと哲っちゃんは仲が良いんですね。^^

 

 

お笑い第4世代

お笑い第4世代は、主に1990年代にデビューした芸人さんたちのことを指します。

 

○ナインティナイン 

○ロンドンブーツ1号2号 

○ネプチューン

○雨上がり決死隊 
○くりぃむしちゅー 
○バナナマン 
○博多華丸・大吉
○ココリコ
○よゐこ
○極楽とんぼ
○オアシズ
○キャイーン

ナイナイとロンブーってデビュー時期が近かったんですね〜。

ナイナイは1990年、ロンブーは1994年です。

 

くりぃむしちゅーもナイナイと同じ1990年でした。

 

 

やっぱりデビューした時期が同じでも、売れるまでの期間が違いますもんね。

売れるのが遅かった芸人さんほど、苦労してきたことは容易に察せます。

 

 

博多華丸・大吉もナイナイと同期でしたが、売れるまでの期間には相当な差がありました。

何年か前に2人がナイナイ司会の漫才大会で優勝した際、

「やっとナイナイの2人に追いついた」

という発言をしていました。

 

 

この後、まだまだ世代は続いていくんですが、とりあえず今回はここまでにして、

続いてこの中から吉本興業のお笑い芸人の序列(ランク)を見ていきます!

 

 

【関連記事】お笑い第5世代以降の芸人さんたちの序列はこちら!!

お笑い芸人の序列【ランク】がかなりおもしろい!まとめ後半編!

 

 

吉本の芸人さんのトップはこの人!

 

お笑い芸人のランクは、

上で挙げた世代を見ればもうだいたい分かると思いますが、

吉本興業の芸人さんだけで面白いランク分けをした投稿がTwitter上に挙がっています。

 

 

まあ、これを見れば「確かにそうかもね〜」という納得の結果じゃないでしょうか。

 

 

冠番組持ってる人がいて、司会が上手な人がいて、もしくはどの番組に欠かせない顔がいたりして。

確かにと納得です。

 

 

島田紳助さんもいたら、もちろん明石家さんまさんと並んでますね。

 

 

でもこうやって見ると、上に挙がっていくのって本当に大変だろうなぁと気づきます。

 

 

おもしろいのは当然ながら、

冠番組を持てるだけの器があったり、

司会ができたりと、

上に登っていくにはたくさんの能力が必要だってことが分かります。

 

 

それに、この図は吉本興業の芸人さんだけであって、

これ以外にも先ほどの世代別の有名芸人さんたちがいっぱいいるんですもんね。

 

 

「芸人になってのし上がっていくというのは並大抵のことではない」

ということが容易に理解できる図でした。

(この辺りの事情のことは島田紳助さんの話にも詳しいですよ→Youtube動画

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

 

テレビを見ているだけでもなんとなくは分かっていた影響力の序列も、

こうやって世代別に見ると色々と納得できたのではないでしょうか。^^

 

 

吉本興業は今大変な大騒動になっていますが、

早く騒動も落ち着いて、

またお茶の間に明るい笑いを届けて欲しいですね。^^

 

 

まとめ後半編はこちらです!

 

 

みんなのまとめでした。^^

 

こちらもオススメ

【今年こそ絶対痩せたい向け】

10日で6キロ痩せる!最新の楽チンダイエット♪

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事