加藤浩次・スッキリなど番組への影響はどうなる!?吉本退社

こんにちは、ちろです。^^

 

 

吉本興業の問題はまだまだ解決する兆しが見えず、ずっと火がくすぶっている感じがありますね。

 

 

加藤浩次さんと吉本興業との面談では進退について一旦保留という形になりましたが、

もしも今後の吉本興業の回答が加藤さんの納得のいかないものであれば、

加藤さんは本当に吉本を退社してしまう可能性はあります。

 

 

もしそうなった場合、テレビ業界でどんな影響があるか、まとめてみました!

 

加藤さんは大切な期待の星

 

まず、現在加藤さんが出演しているテレビ番組をまとめてみました。

 

○スッキリ(日本テレビ)

○スーパーサッカー(TBS)

○がっちりマンデー(TBS)

○この差って何ですか?(TBS)

 

 

以上が、2019年現在、加藤さんがメインパーソナリティーを務める代表的番組です。

 

 

自身がメインパーソナリティーである番組を4つも持っているっていうこの事実だけでも、

加藤さんがかなり重要なポジションを任せられてるということは容易に分かります。

 

 

というわけで、単純に考えても、

加藤さんが辞めたらこの枠が空いてしまうかもしれないわけで、

すると今までの番組の顔が変わるわけですから、

人気視聴率にも影響は少なからず出てくるでしょう。

 

 

すると、企業からの広告費で成り立っているテレビ局は困るわけです。

ただでさえネットの台頭でテレビ離れは進んできていますから、

人気芸能人がいなくなるのは痛手のはずです。

 

 

と・は・い・え、です。

 

 

人気芸能人は加藤さん以外にもいます。

司会をできる芸人さんもいますから、

視聴率の問題は加藤さんが辞めてもなんとかカバーできるかもしれません。

(まあ、加藤さんのキャラクター性は唯一無二なので、他に誰が代われる?とも思いますが)

 

 

視聴率も当然大事なのですが、やはりもっと根源的に大事なことは、やっぱりお金です。

 

 

加藤さんがどれだけのお金を動かせる人物なのか、それが大事なポイントでしょう。

 

 

加藤さんの年収はいくら?

加藤さんは2017年、AbemaTVの企画で、

『酔った状態で20代の若者たちと話す』

という企画に参加されています。

 

 

その番組内で、加藤さんは自身の年収を聞かれ、

「(1億)よりちょっと少ないくらい」と答えています。

 

 

多分、これは嘘ではないんじゃないかなと思います。

というのも、それよりも数年前、テリー伊藤さんがある番組内で、

「年収1億いく芸能人はさんまさんと、、、スッキリの加藤さんもいってるかなぁ?って感じですよ」

ということを言っていました。

 

 

なので、加藤さんの発言も、おそらく本当なんだろうなって思うんです。

 

 

となるとです。

 

 

加藤さんが大体年収1億円なのであれば、

所属事務所である吉本興業はそれ以上の額をテレビ局から受け取っているはずです。

 

 

吉本興業受け取り分と加藤さん受け取り分の割合は分かりませんが、

どちらにせよ会社は大きなお金を受け取っているはずです。

 

 

であれば、加藤さんが吉本興業を退社するというのは、会社的にも良くないことですよね?

 

 

稼ぎ頭がいなくなるってことですから、会社も当然困るでしょう。

 

 

たぶん、宮迫さんや田村亮さんにしたように、簡単に「クビ」とは言えないはずです。

 

 

加藤さんはメインパーソナリティーを4つも務めている分、

影響力も大きいでしょうし、

会社としても今後をとても期待しているはずです。

 

 

だから吉本興業は加藤さんとの面談にて、

「どうぞどうぞ。辞めていいよ」

とは言わず、

「ちょっ…、経営や契約についてどうするか考えるから待ってくれっ」

という回答にしたのだと思います。

 

 

それだけ会社にとっても、加藤さんは貴重な存在になっているんですね。

 

 

さんまさんのギャラが高すぎるから……

2016年、明石家さんまさんの番組『さんまのまんま』(関西テレビ)が番組終了となりました。

 

 

この番組は1985年に放送を開始した長寿番組だったのですが惜しくも終了。

現在は不定期放送となっています。

 

 

注目すべきは、この当時、番組終了についてさんまさん自身が語った事情です。

 

「スペシャルではやりますけどね。制作費が出ないんですね。俺、ギャラが高いねん。他の番組とのバランスもあるし、後輩には下げないで、といわれるし…」

 

 

つまり、『さんまのまんま』が終了したのは、

さんまさんのギャラをテレビ局が払えなくなったのが問題ということですね。

 

 

そして、さんまさんはギャラを下げてもいいのかもしれませんが、

でもそうすると相対的に後輩たちのギャラも下がってしまうことになるから、

だから後輩が「下げないで」と言っているということでしょう。

 

 

こうして『さんまのまんま』は、泣く泣く終了せざるを得なかったんですね。

 

 

さんまさんの次は加藤さん

さんまさん自身も語っていたように、さんまさんのギャラは高い。

 

 

じゃあどうしようかと吉本が考えたのは、

まだギャラがそこまで高くない、次の有望な人物を打ち立てて育てること

だったんだと思います。

 

 

それが加藤浩次さんだったんでしょう。

 

 

加藤さんであれば、さんまさんほどギャラも高くないのでテレビ局もギャラを払えるし、吉本興業としても収入がしっかり入ってきます。

 

 

さんまさんと加藤さんのギャラにはきっとまだまだ大きな開きがあるはずですから、

吉本興業もテレビ局も、加藤さんを使いやすいんだと思います。

 

 

だから加藤さんに冠番組を4つも持たせて、こういう言い方をするのもなんですが、良い収入源にしているのでしょう。

 

 

宮迫さんもアメトークなど人気番組を持っていましたが、

どうしても加藤さんのように、

お笑い番組以外への馴染みの良さはあまりないですよね。

 

 

吉本興業の態度の差は、こういう部分にも現れているのかな〜と思います。

 

 

加藤さんが辞めた場合の番組への影響

 

会社は利益を追及するものですから、収入源をなくすのは困ります。

 

 

吉本興業は、加藤さんを失うのは困るんです。

だから、加藤さんが辞めるのを全力で止めるでしょうし、

どちらかというと、加藤さんの意向を汲む姿勢を取るはずです。

 

(ただ今のところ経営陣は辞めずに会社改革をするということにはなっていますが)

 

 

でも万が一、加藤さんが吉本興業を辞めたらどうなるか?

 

 

スッキリなどからも降板の可能性は大きいです。

 

 

というのも、日本テレビも吉本興業との信頼関係がありますから、

吉本を辞めた加藤さんをそう簡単に受け入れるわけにはいかないでしょう。

 

 

それこそ、ジャニーズ事務所を抜けた元SMAPメンバーへの圧力問題のように、裏で力が働くはずです。

 

 

なので結論としては、加藤さんがもし吉本を辞めたら、番組からは加藤さんはいなくなるでしょう。

 

 

そして、しばらく加藤さんをテレビで見ない日も出てくるはずです。

 

 

というのが、現段階の予想です。

 

 

まとめ

 

今回は『加藤さんが吉本興業を辞めたら番組などへの影響はどうなるか?』について考えてきました。

 

 

きっと加藤さん自身も、

自分が吉本にとって影響力のある人物であることを自覚しているから、

今回のような強気な行動に出たんだと思います。

 

 

自分なら会社を変えるきっかけを作り出せる、と理解していたんでしょう。

 

 

自分が長年所属してきた会社だからこそ、生まれ変わって欲しいと思っているんでしょうね。

熱い人です。

 

 

今後まだどうなるか分かりませんし、時間もかかると思いますが、

加藤さんにとっても吉本興業にとっても、いい形で収まるといいですね。

 

 

みんなのまとめでした。^^

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事